Eatrip

imagination 〜color life

admin | 2011.06.12

私はどうやら発色のいい色を好むようです。
年々その傾向は強く
自分のトーンや気分で好きなものを身につけていくと
いつしか独自の道に突入していきます。
そこをどう捉えたらいいのか、
たまに戸惑いますが
「自分ワールドをもっていますね」と
初対面の方に言われることで、
自分でもそう思う様にしています。

ある日の私の腕

その傾向は選ぶ食材の色彩にもよく現れる時があります

そしてここ数年
朋友であり腐れ縁!?ともいえる通称ドングリが手掛けた
初長編映画の撮影のラスト一場面を、祝福の意を込めて
食べものと植物で飾らせていただく事にしました。
ここでも鮮やかな色彩がその姿を現しました。
もちろん撮影後は、その食材を用いた料理を食しながら談義。
フリーランスでカメラマンをしているショーンは
ドキュメンタリーを中心に活動してる
気骨な精神の持ち主など
撮影に使った”食”を通して知ることも
やはり多い日でした。
R0011537-505x378[1]

彼女の拠点は今NY。
アメリカからの援助金で制作したのだけど
物語は二年前に一緒にいった沖縄で思いついたものだそうです。
仕上がりが怖くも楽しみです。
果たしてこの場面は採用されるのでしょうか??

Eatrip

SO-EN: 勝見淳平(Paradise Alley) とリコッタチーズ

admin | 2011.06.09

むかーしむかし、雑誌”装苑”にて連載させていただいた時のものです。宙TRIPというユニット名で頻繁にEATRIPと活動をしてくれる弟のような存在であるParadise Alleyの淳平をゲストに迎えた号です。酵母を黙々とつくる”酵母博士”といったテーマで、淳平が焼いてきてくれたイカスミブレッドとリコッタチーズを撮影しました。

Eatrip

即興 – その場で起こる興味 –

admin | 2011.06.08


最近、即興料理というものにハマっています。

家の冷蔵庫に頭を突っ込んで食材と相談し、料理をすることはあっても
人様の前でとなると随分度胸がいるものです。

でも、これが素晴らしい素材を前にするとテンションも上がり
なんとも楽しく美味しい食となるのです。

料理は楽しいです、本当に。

先日の逗子にある海の映画館のイベントで
美味しい”たかいく農園”の野菜を使った料理大会。
http://www.takaiku-n.com/

もうすぐ発売されるBRUTUSでは、
役者さんの岡本信人さんと二子玉川の川辺で野草を摘みながら
その場での料理記事も掲載されます。
摘みたてのよもぎのグリーンソースの苦みの効いた旨味が
グッときて美味しかったです。

さて、また素材を求めにスタコラと出発いたします。

Eatrip

BRUTUS 2011/6/15号

admin | 2011.06.02



「好きな朝食の話」
「おいしいシリアルはどれ?」

*eatrip littleのグラノーラは、代々木上原にある花屋「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」もしくは
ユナイテッドアローズ Beauty&Youth 原宿キャットストリート店にてお買い求めいただけます。

Eatrip

“eatlip gift” by Yuri Nomura & Yurie Nagashima

admin | 2011.05.31

雑誌Hanakoで約2年間、
カメラマンの長島有里枝さん撮影のもと、
短いエッセイと共に連載させていただいていたものが
丸々一冊にまとまったものです。

なんか思いれが強いようで
あさっりとしているようにみえて。

本を出させていただく事に
ずっと
ずっと
抵抗があった私。

料理本は好きなのに

料理は生きていると思っているし
本だと止まっているようにみえるし
本で伝わりきれないことがありすぎるし何よりも現場好きだし

私はまだそんな出せるような人間でもないと未だに思っているので。

いい訳のようですが
去年の12/16にマガジンハウスより出版されました「eatlip gift」。

きっと
300回以上は作っている料理も多いので
少しは参考になれればと思っております

もしよろしければ、お手に取ってご覧いただければと思います。